熊野古道藤白坂2

0
    wstv.jpウォーカーステーションTVのウォーキング取材紀行の続きです。

    熊野古道藤白坂を超えた時には情緒もあり、坂道もあまり苦にはならないで歩けたのだか・・・・・・・・

    いにしえ人は、京にいてあまり歩くのが得意でなかったようで、いきなりの坂道で中には恐れてその

    まま京に帰った人もいたとか、私は何とか峠を越えることできました。

    それからは、左右みかん畑のなかを、下りていきますと、橘本王子にたどり着きました。 その後集落

    の道を歩いていきますと所坂王子に着きました。おりしも神社は秋祭りで子供みこしが出て行くところ

    でした。やんちゃな子供たちも、神主さんに神妙にお払いを受けて神社をでていくさまは、秋の豊かさ

    満身に受けているようでまぶしいくらいです。また次の王子の一壺王子では、泣き相撲の準備が進め

    られていましたが、残念!その有名な行事を見ることなく拝ノ峠へと向かいもした。見ていれば、宮原

    駅に着かなかったかもしれません。

    次の王子蕪坂塔下王子へ、ところがところがこんな坂があるのかと思うほどの坂が続きました。へこ

    たれました。しんどかった。帰るにも帰れず進む道しかありません。いにしえ人も、この坂の上り口で

    木靴からわらじに履き替えたとか、靴をかけた松がありその名も「沓掛の松」と言ったそうな。その松

    の下で座り込んで見上げていると涼しい風が「がんばれー」と言ってくれました。

    こんな坂には中々おめにかかれない。しかし60代〜70代の50人ほどの皆さんもこえていったので

    す。凄い! 私も勇気をもらって進みました。

    今日はここまでとします。

    ああ、そうだ大事なこと、10月16日についにWSTVオープンしました!

    是非今後もがんばりますので、いろんなウオーキングコースを見てください。

    ウォーカーステーションTVです。

    人気ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    世界遺産の道、藤白坂を歩いた

    0
       10月11日wstv.jpウォーカーステーションTVのウォーキングの取材記です。
       
      天気は快晴。今日も天気に恵まれた。

      朝の7時より、前回撮り残してきた有馬王子の墓より撮影開始しました。いきなり急な坂が続きます。

      しかし、さわやかな風と、木々の風にそよぐ音、道のそばを流れる清流の音、鳥たちさえずりが、なん

      ともいいようのないハーモニィをかもしだして心地よいウォーキングです。道中丁石地蔵が出迎えてく

      れます。18の丁石地蔵の笑顔に励まされて、ふうふう言いながら筆捨て松に到着。ここで少し休憩

      しました。歴史に親しみ、出発。またまた、坂をよいしょよいしょと上がっていくと最後の地蔵尊に出会

      います。そこからは平坦なみちとなり、人家も見えてきました。塔下王子に到着です。ここには、水洗

      トイレもあります。そしてそのそばを通り抜けて登ると熊野路随一の美景が見れる御所の芝です。

      ここからの景色は、黒江湾から紀伊水道、淡路島までみることができました。ラッキーラッキーです。

      ここで50名程のウォーカーに出会えました。皆さんお元気そのものです。

      そして、私は紀伊宮原へと歩いていきます。あと7倍ほどの工程です。今回のブログはここまでとしま

      す。次回はこの続きでかかせていただきます。

      動画はwstv.jpウォーカーステーションTVをクリックして下さい。

      人気ブログランキングへ
      このエントリーをはてなブックマークに追加


      カレンダー

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      twitter

      ブログパーツ

      最近の記事

      カテゴリー

      アーカイブ

      最近のコメント

      このサイトの検索

      その他

      携帯用QRコード

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM